top of page
  • 執筆者の写真Yuuichi Takeshima

量販店の見積もりにビックリ!!!


このサイズを某量販店ABで見積もってもらったところ

¥390000・・・

いくら国産タイヤでもこの値段は無いよね・・・

それに20インチまでしか組めませんと言いつつ、22インチのタイヤを平気で見積もる店員ってどう思います?

見積もりをした店員は石橋製のハイグリップ・タイヤをSUVに履かせようって意図がわからない。

それに「あなたは2~3年しかもたないタイヤを、その値段で買いますか?」って聞きたい。


どれだけの人が高価なタイヤを買わされているのか・・・

考えるだけで可哀そう・・・


何本も何本も組んできて、国産タイヤも海外製のタイヤも「かわらない」


損をする前に相談して下さい。



閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬タイヤについて

私が免許を取得したのが真冬。 当時(40年前)はスパイクタイヤが主流で、たまに「スノータイヤ」の人もいました。 スノータイヤとはピン(スパイク)が付いていない、冬用のタイヤ スパイクタイヤとはスノータイヤにピンが打ってあるタイヤ 粉塵被害が酷くて、黄砂のように空気が汚れていました。 舗装道路も削れ、春にはデコボコの道路が出現してました・・・ スパイクタイヤが禁止(雪道では使用可能)になり「スタッド

Comments


bottom of page